医療脱毛に行くと全身をすすめられる、私は部分でいいが?

ローンが組めるおかげもあって、医療脱毛するなら全身という人が急増しています。

しかし脱毛プランの選択は本人次第。

全身のすすめに従う必要はありません。

◇全身脱毛が急増。

月々3,000台の気軽さ

あくまでも利用者(患者)の希望を優先するのが前提ですが、中には部分脱毛より全身脱毛をすすめてくるクリニック・医師もいるようです。

その理由は部分脱毛よりも全身脱毛のほうが効率よく施術できるからです。

最近ではローンを利用する人も増え、月々3,000円台~5,000円台で組めることから、利用者の気持ちにも変化が生まれています。

「どうせ脱毛するのだから、月々の支払がこの程度なら全身で」となります。

◇経営的にも有利で利用者にもメリットが大きい。

医療脱毛専門のクリニックにとっては、このローンの存在は非常に大きく、誤解を恐れずに言うと「長期間、利用者を囲い込める」、「経営的にみて収益が読み取りやすくなる」、「経営が安定する」などです。

もちろん利用者にもメリットがあります。

短期間で安い費用ですむという点です。

ただしローンには金利が含まれるので、総合的にみると損失は大きいです。

◇質問者のように「全身でなく部分だけの医療脱毛でいい」のなら、はっきりそう言って押し切りましょう。

先にお話ししたように、全身脱毛には全身なりのメリットがありますが、部分でいいのならそれで通すべきです。

医師やカウンセラーの話を聞いても納得できず、それでも執拗にすすめるようなら他のクリニックに行きましょう。

結果的にはそのほうが良いのではと思います。

【気になるニュース】ワキ脱毛をすると脇汗がひどくなるって本当?体験者のコメントは

医療脱毛の全身でも、「脱毛ローン」が組めると聞きましたが?

永久脱毛できる“合理的な医療脱毛の全身”といっても、費用は多額になるのでローンを組む人は多くいます。

しかし契約してしまうとローンの解約ができない場合もあるのでご注意を!

◇全身脱毛には意外なほどのポイントがある。

医療脱毛は永久脱毛が可能なので、結果的にはエステより安く付くといっても、全身脱毛となれば費用がかさみます。

具体的なイメージはもちにくいと思いますが、たとえば全身の仰向けサイドには、額・アゴ・アゴ下、乳輪・胸・お腹、ヘソ下・VIO、両足と甲の指、両脇の下などがあり、背中サイドにもほぼ同じ数の脱毛ポイントがあります。

ローンを組むのは自然なことです。

◇月々3,000円台で全身脱毛できる手軽さ。

一例に過ぎませんが、顔・VIOラインを除く医療脱毛を3回のプランで行なった場合、月々3,200円で54回払いというローンがあったり、顔やVIOを含んで脱毛した場合でも、同じ3回のコースで月々3,000円、72回払いというローンがあったりします。

施術回数を増やして月々の支払額を増やし、脱毛箇所の密度をアップさせるなど、ローンの回数や額は利用者の予算・内容にあわせて設計してくれます。

◇全身の医療脱毛でも一度ローンを組んでしまうと、脱毛はキャンセルできてもローンは払いつづけなければならない場合があります。

注意が必要なのは、全身脱毛の施術はキャンセルできてもローンの支払は残ってしまうということです。

中には途中解約が可能で、返金に対応してもらえるクリニックもあるため、事前に確認しましょう。

ローンを組む際は、部分脱毛でクリニックの医師や看護師と自分との相性、技術的なこと、脱毛結果、サポートの満足度などを実体験してからローンの契約に臨むのが失敗しないポイントです。